東証REIT指数が上昇、野村証はセクタービュー「ニュートラル」を継続

 東証REIT指数が上昇。野村証券では7日付で、J-REITセクターについて、セクタービュー「ニュートラル」(中立)を継続している。同証券では、「イールドスプレッドが拡大、押し目買いの機会」とし、「日銀会合や日米金利など気になる点もあるがバリュエーションは魅力」とコメントしている。また、10、11日に日銀金融政策決定会合が開催されるが、同証券は「〝異次元緩和〟からまだ2カ月で買入額増額は考えにくい」としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)