T&Dが反発、野村証は「ニュートラル」継続、目標株価は1150円に引き上げ

 T&Dホールディングス<8795.T>が反発。野村証券では7日付で、投資判断「ニュートラル」を継続、目標株価は1100円から1150円に引き上げている。目標株価は、中期EV成長率4.9%程度(従来6.3%)から妥当EV倍率0.46倍程度と想定。14年3月期末予想一株当たりEV2471円に乗じて算出されている。また、同証券では業績予想を上方修正しており、連結経常利益について、14年3月期1641億円(前期比8.1%増、従来1204億円、会社側計画は1650億円)、15年3月期1769億円(従来1304億円)、16年3月期1852億円と試算している。

T&Dの株価は13時9分現在1198円(△62円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)