【売り】みずほフィナンシャルグループ (8411) デイトレでは、売りが有利か = フェアトレード 西村 剛

デイトレでは、売りが有利か
■注目銘柄
みずほフィナンシャルグループ (8411)

■注目理由
6月10日(月)の日経平均株価は、13514円20銭で、前日比636円67銭高の大幅反発となった。米国雇用統計の結果を受けて、米国の量的金融緩和縮小懸念が後退し、為替が円安に転じた。為替が円安に転じたことで、輸出株を中心とした主力株に買いが入ったほか、新興市場株も大きく買われるなど、全面高となった。直近株価が大きく調整していただけに、明日以降の株式市場も、短期的に買いが入りやすい展開になる可能性が高く、寄付きに大きく買いが入ると判断した。一方で、株価が上昇すると、急落前の高値で買い付けしていた投資家から売りが出やすい環境であることも考慮すると、後場は売りに押され陰線を付けるのではないかと判断している。