◎欧米外為市場サマリー

 10日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=98円73~74銭と前週末に比べ1円20銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=130円91~95銭と同1円90銭強の円安・ユーロ高だった。 
 東京市場で日経平均株価が600円強上昇し、円安・ドル高が進んだ流れを引き継ぎ、ニューヨーク市場でも円は軟調に推移した。特に、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米長期信用格付けの見通しを「ネガティブ」から「安定的」に引き上げたことを受け、一時99円28銭まで円は下落した。その後は、円買い戻しが入り98円台後半で推移した。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.3255~56ドルと前週末に比べ 0.0035ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)