新日鉄住金はもみ合い、中国に高級鋼板の新工場建設

 新日鉄住金<5401.T>は前日終値を挟んでのもみ合い。同社は中国で自動車向け高級鋼板の新工場を建設する方針を固めたと11日付の日本経済新聞が報じており、これが手掛かり材料として意識され、寄り付きはプラスで始まったもののその後戻り売り圧力に相殺されている。これまで日系自動車メーカーは中国では欧米勢に押されていたが、ここ巻き返しの動きが出ており、同社は素材供給で増産態勢を後押しする構え。中国では鉄鋼の供給過剰が続いているが、高付加価値の自動車用鋼板の需給はひっ迫しており、中国政府も高度技術を伴う投資を求めていることから、これに対応したものと伝えられている。

新日鉄の株価は9時16分現在254円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)