双日が小動き、デリー~ムンバイ間鉄道軌道敷設工事受注も買い手控え

 双日<2768.T>が小動き。10日にデリー~ムンバイ間貨物専用鉄道の軌道敷設工事を受注したと発表したが反応は鈍い。前週までの下落局面で押し目買いに信用買い残が積み上がっており、需給悪化が警戒され買い手控えられている。インド貨物専用鉄道は現地ゼネコン大手のラーセン&トゥーブロ社と共同で、政府傘下のインド貨物専用鉄道公社から、デリー~ムンバイ間貨物専用鉄道の軌道敷設工事626キロメートルを受注、契約金額は約1100億円で、円借款案件として過去最大級になる。

双日の株価は9時20分現在171円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)