出光興産が続伸、アジア事業強化報道が手掛かり

 出光興産<5019.T>が続伸、前日比140円高の7840円まで買い進まれた。11日付の日本経済新聞が「ベトナム、タイ、ミャンマーなどアジア圏でガソリン販売を検討している」と報じたことが買い手掛かりになっている。17年に稼働を目指すベトナムのニソン製油所を拠点にアジアで石油、石油化学製品事業を強化することが目的で、シンガポールを拠点に環太平洋でトレーディング事業を強化するとも伝えている。株価は7日安値7270円で当面の底値を確認し、反発に転じている。好需給も買い気を誘った。

出光興産の株価は10時43分現在7790円(△90円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)