トクヤマは軟調、三菱UFJMS証が目標株価を266円に引き上げ

 トクヤマ<4043.T>が軟調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が10日付のリポートで株価判断を「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の230円から266円に引き上げた。
 リポートでは「14年3月期営業利益は、13年3月期末に実施した徳山製造所の減損効果による製造固定費の減少(40億円)、塩ビモノマのプラントトラブル解消、合理化効果などにより増益を予想する。しかし、マレーシア工場での在庫積上げなどもあり、営業キャッシュフローは悪化。当証券予想と会社予想の相違は、(1)為替前提を1ドル100円(会社想定95円)としており、化成品とセメントで原料コスト上昇、特殊品で輸出採算改善を想定、(2)特殊品で多結晶シリコンの出荷数量減、(3)セメントでの出荷構成の改善、をみていることから計画未達の予想」としている。

トクヤマの株価は14時9分現在306円(▼14円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)