イチネンHDが続伸、M&Aによる業容拡大を評価へ

 イチネンホールディングス<9619.T>が続伸。同社はリース車両整備受託のほか駐車場運営やケミカル事業にも展開する異色企業だ。M&A戦略を駆使して業容拡大を進めており、5月に買収した空調工具国内販売トップのタスコジャパン(大阪市)などの収益上乗せで、14年3月期は大幅増益が予想される。会社側は経常利益で43億6000万円と7%増益の見通しながら保守的で、市場では「2ケタ以上の増益に増額される公算が大きい」(証券系調査機関)という見方だ。PER7倍前後と極めて割安感が強い点も注目されている。また、株主還元にも前向きで配当利回りは3%超に達しているが、さらなる増配も視野に入っている。

イチネンHDの株価は14時36分現在673円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)