日銀現状維持で円高となるも・・・・

以前の日銀には戻らず・・・・
 日銀さんは金融政策決定会合に於いて、現状維持を決定しました。海外勢を中心に「日銀版LTRO」への期待が強まっていた事や、株式市場で「ETF・J-REIT買い入れ枠拡大」への期待が強まっていた事で、この決定を受け、円高、株安方向に相場は大きく振れました。

 しかし、黒田日銀は、4月に「出来る事は全てやる」として、異次元緩和政策を標榜した事から、「戦力の逐次投入」を行えば、過去の日銀に戻ったとの印象を与えてしまいますから、この「現状維持決定」は当然の事であり、長期的に見ると、間違った政策とは言えません。

 この為、市場の目は、再び米経済の強さへと向かい、それが長期金利上昇をもたらすとして、米株式市場の動揺にさえつながらなければ、ドル円は再び100円の大台回復の可能性を強めるものと思います。