パナISのM2M技術がパナソニック製リチウムイオン蓄電システムに採用

 パナソニックインフォメーションシステムズ<4283.T>はこの日、パナソニック<6752.T>のエコソリューションズ社製リチウムイオン蓄電システムの遠隔監視・エラー通報機能(4月からサービス開始中)として、パナソニックインフォメーションシステムズのM2M技術が採用されていることを発表した。この機能は、リチウムイオン蓄電システムの稼働データをネットワーク経由で常時収集するもの。機器の発熱や不具合があった場合には警報メールを自動配信し、必要に応じて提携会社が修理対応するなど、迅速なシステム復旧をサポートしている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)