OKIしっかり、自己資本強化報道が買い手掛かり

 OKI<6703.T>がしっかり。12日付の日本経済新聞が「14年3月期末の自己資本比率を19%超に高める」と報じたことが買い手掛かりになった。スペイン子会社の不適切な会計処理が発覚し、自己資本が目減りしたが、中国のATM事業などが好調で財務内容は改善に向かう見込みで、優先株は希薄化を抑えながら、普通株への転換を促す方針と伝えている。株価は7日につけた162円で当面の底を確認し反発に転じており、資本強化報道が支援材料になった。

OKIの株価は9時55分現在189円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)