細かい取引で乗り切る相場に

細かい取引で乗り切る相場に
流動性が低下する中、市場全体のリスクオフムードが続いている。

昨日大きくドル安・円高が進んだ反動で、本日は一旦値を戻す可能性はあるが、ちょっとしたきっかけで再反落し、7日につけた安値94.98円を試すような流れになることも十分にあり得る。ここを割りこんだら94円台半ばまでの下げは速いかもしれない。

基本的に値動きが荒く、ちょっとした動きでも値幅が大きくなってしまうことを念頭に置いて、柔軟かつ小まめに利益確定・損切りを繰り返すような取引に徹したい場面と言える。特に最近、為替の動き出しのきっかけとなることが多い、新興国を含めた各国の株価の動きには注目したい。