ディーエヌエが反落、三菱UFJMSが投資判断を引き下げ

 ディー・エヌ・エー<2432.T>が反落。この日は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断を「アウトパフォーム」から「ニュートラル」とし、目標株価を3460円から2350円に引き下げたことが観測されている。同証券によると、海外売上高は着実に伸びているが、決して好調という訳ではないと指摘し、16年3月期まで営業減益が続くと予想。また、14年3月期はブラウザからネイティブアプリへのシフトが鮮明になり、同社の業績のマイナス変化率が最も大きくなる可能性が高い点を勘案したという。

ディーエヌエの株価は11時24分現在2191円(▼58円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)