グリーは軟調、三菱UFJMS証が投資判断を「アンダーパフォーム」に引き下げ

 グリー<3632.T>が軟調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が11日付のリポートで投資判断を従来の「ニュートラル」から「アンダーパフォーム」に、目標株価を1240円から720円にそれぞれ引き下げた。
 リポートでは「グリーがコンプガチャ規制に対応した12年4月~6月期以降、有料課金収入で、大きな伸びを見せられていないのは、既存ゲームが伸びていないこともあるが、新しいヒットタイトルを出せていないからである。当証券の業績予想は、四半期での足もとの弱いモメンタムを反映させているが、実際は、イベント次第で反転、ないしは横ばいの四半期があるかもしれない。ただし、新規の大ヒットタイトルが出る時期を想定し難いため、14年6月期から15年6月期の中で売上高が大きく反転するという予想は現時点では作り難い」としている。

グリーの株価は11時30分現在945円(▼8円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)