イオンモールが大幅安、公募増資の価格決定期間入りで警戒も

 イオンモール<8905.T>が大幅安。株価は一時、前日比184円安の2110円まで売られた。今月3日に公募増資を発表しているが、この日から公募の発行価格決定期間に入ることから警戒感が強まっている。同社は国内に加え欧州などの投資家に向けて公募増資を実施し、約670億円の資金を調達する予定。公募増資に伴い株式数は最大で約14%増加する。発行価格はこの日から18日のいずれかの日に決定する。

イオンモールの株価は14時7分現在2122円(▼172円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)