アゼアスの今期業績は増収増益、震災復興需要は横ばい推移

 アゼアス<3161.T>の2014年3月期の連結業績は売上高が前期比9.7%増の94億7800万円、経常利益は前期比2.3倍の2億6200万円と増収増益が予想されている。同社の防護服・環境資機材事業では、福島第一原発事故向けを含めた震災復興需要は「震災当時のような伸びはないが、横ばいで推移している」(会社側)という。同事業は、今期は鉄鋼や自動車業界向けなどが堅調。また、今期は前期発生した年金関連費用や上場関連費用がなくなることも収益の押し上げ要因となる。
 同社の13年3月期の売上高は前の期比20.6%減の86億3600万円、経常利益は同78%減の1億1300万円だった。前期は復興需要の落ち着きに加え景気低迷により各事業の収益が低迷したことが響いた。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)