不安定局面、95円をキープできるか。

マーケットコンディション
昨日は、小動きながらロンドン時間に97.18円まで、じりじりと
上昇するが、NY時間にNYダウ平均の値下がりや、日経平均先物の
値下がりを受け、95.14円まで下落した。引けにかけでやや買い戻され
95.97円でクローズを向かえた。
95円をキープできるか
急激な動きこそないが、じりじりと乱高下を繰り返し、昨日も
ハイローで2円弱の動きだった。
NYダウ平均や日経平均の動きに敏感に反応しているため、
株価の下落如何では、何時95円を割ってもおかしくない雰囲気である。
☆戦略
買い方針継続 

地合いがゆるい!
95円のレベルでどこまで買いがあるである。

95円を割り込むと、投げ売りが予測されるため、93円近辺までの
下落はありえる。
95円割れで、一旦撤退で戦略の立て直しが必要であるが
そこ迄は、耐えてみたい。

ポイントレベル

100.38(フィボナッチ0.618)
100.00(調度の精神的レベル)
99.47(6/6の高値)
99.35(フィボナッチ0.500)
99.28(6/10の高値)
97.78(6/11の高値)
------------------------------------------------------- 

95.00(調度の精神的レベル)
94.97(6/7の安値)
92.97(75.57-103.73の38.2%戻し)
92.56(4/2の安値)

注)本日の予想は6月13日9:45に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。