サンドラッグは軟調、SMBC日興証は投資判断を「1」に引き上げ

 サンドラッグ<9989.T>が軟調。SMBC日興証券は12日付のリポートで投資判断を従来の「2」から「1」に、目標株価を4850円から5050円にそれぞれ引き上げた。
 リポートでは「14年3月期は7.9%増収、9.6%営業増益を同社では計画。出閉店は出店92店、閉店10店の計画と強気な印象。既存店売上高は前期比0.6%増(上期0.5%増、下期0.7%増)、単体で0.2%増、ダイレックスで1.4%増、粗利益率は0.2ポイント改善を前提。同社の利益コントロールの精度を高く評価してきたが、加えて利益率についても業界トップクラスの高さ。出店の計画未達が毎年の課題となっていたが、ここにきて会社側は出店についてもやや確度を上げる自信を見せている」としている。

サンドラッグの株価は11時21分現在3685円(▼125円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)