古野電が続落、業績好調不変も為替動向で不安感

 古野電気<6814.OS>が続落。5月23日に898円の年初来高値を付ける上昇過程では、北米向けのプレジャーボート向けの拡大と円安基調を買い材料にしてきたことから、再び円高に進んできた現状は不安材料になっている。同社の前提為替レートは1ドル90円で今2月期通期は連結営業利益で23億円(前期比88.8%増)予想であることから業績面での不安はないが、変動の激しい為替動向は同社株の上値を重くしている。

古野電気の株価は11時26分現在676円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)