ホンダが3日続落、急激な円高や需給悪も嫌気

 ホンダ<7267.T>が3日続落、前日比180円安の3395円まで売り込まれ、前週7日のザラ場安値を下回った。急速に進んだ円高が嫌気され、輸出株が軒並み売られるなか、信用買い残や日証金融資残高が積み上がるなど、需給悪化も下げをきつくしているようだ。12日にタイの四輪車の生産販売会社ホンダオートモービル・タイランドがスマートフォン用アプリとナビゲーションアプリのサービスを開始したと発表したが材料視されず、下値模索が続いている。

ホンダの株価は11時30分現在3445円(▼130円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)