<後場の注目銘柄>=ファンコミ、SD向けアドネット好調

 ファンコミュニケーションズ<2461.OS>は5月8日高値奪回期待から時価水準は狙い目。

 13年12月期は4月まで前年同月比5割を超える増収が続いている。従来型携帯電話向け「Moba8.net」は減少しているが、スマートデバイス(SD)向けアドネットワーク「nend」へのモバイル向けゲーム業者からの需要拡大に加えて、PC向けアフィリエイト「A8.net」の伸びが予想以上に加速していることが要因。アップルやグーグルのプラットフォームで運営するSD向けでは、ゲーム業者が独自で顧客獲得を行う必要があるためだ。

 会社側計画の13年12月期は24%増収としているが、足もとの状況から増額修正が期待できる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)