<大乱調相場どうみる> 松井証券・シニアマーケットアナリスト 窪田朋一郎氏

 全般相場はこれまで、アベノミクスへの期待や日銀の異次元緩和を背景に急速な上昇相場を演じてきたが、今はその巻き戻しの動きが顕在化している。先物主導の下げであり、全体の低調な出来高をみても実態を売っている感触ではない。しかし、今は海外も含めて株安局面に入っており、世界的なリスク資産縮小の動きが、想定を上回るボラティリティの高さにつながっている。
 FRBの量的緩和縮小の前倒し思惑が根強い中で、過剰流動性相場の変調をマーケットは感知しており、個別銘柄ベースでの押し目買いも入れにくくなっている。ただし、今は株価、為替ともに日銀の異次元緩和導入前の水準に戻っており、ここからさらに下値リスクが広がっていくという認識は持っていない。好業績銘柄の押し目は買い下がってよい局面にきているとみている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)