任天堂が下げ幅を縮める、為替前提レートを1ドル90円で安心感も

 任天堂<7974.OS>が下げ幅を縮めている。急激な円高を嫌気した売りがかさみ、一時前日比400円安の9100円まで下げ幅を広げたが、後場に入って70円安の9430円まで値を戻している。今3月期は営業黒字転換を見込み、為替前提レートを1ドル90円に設定していることに安心感があるようだ。需給整理が進んだこともからも買い戻しが入っている。

任天堂の株価は14時2分現在9430円(▼70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)