【買い】東京電力<9501>小反発に期待=フェアトレード平山修司

押し目買い
5月まで急上昇を続け、21日には高値841円を付けた。5月14日から21日までの1週間で80%以上も上昇したことや、日本株が大きく下落したことも受け、475円まで下落した。5日移動平均線が25日移動平均線にデットクロスしていることもあり、6日は前日比38円安(-7.4%)まで叩き売られた。しかし、その後は、25日移動平均線に回帰するかのようなチャートとなっている。13日は日経平均株価が843円(前日比-6.35%)下落したこともあり、同社の株価も下落した。方向感が定まりにくい状況だが、13日に大きく下落したことを受け、個人投資家の押し目買いが入ることを想定し、14日は小幅に反発するものと見ている。