「大幅安、チャートの節目をブレイク」

「投資家のリスク回避が鮮明」
 本日の日経平均は843.94円安の12445.38円で取引を終了した。朝方から売りが優勢となり、その後はさらに下値を試す動き。主力株にはリスク回避の売りが出て、全面安の様相となった。日経平均の日足チャートでは、ローソク足で大陰線が出現。「窓理論」で買い継続のなか、下落したことで、「軸下向き」が鮮明になっている。6/7の安値(12548.20円)を下回ったことで、重要な節目もブレイク。下値不安が一気に高まる展開となっている。株価が下落した要因は、海外ヘッジファンドの処分売りとみられている。英マングループなどデリバティブを使って日本株に投資している主体が、最近の急落によって多額の損失を被ったとみられる。それに伴うポジション整理が全面に出ており、国内の投資家も処分売りを急がされたといった展開だ。

「ガス欠、そして地下帝国に突入へ」
 完全にガス欠となってしまった。そしてそこには地下帝国への入口が・・・。この地下帝国はかなり恐ろしい。一度、入るとなかなか抜けられないほか、地上でのルール・常識が一切通用しない。ガソリンスタンドとか車の修理工場なんていうものは存在しないのだ。