MARUWAは軟調、いちよしはフェアバリューを3200円に引き上げ

 MARUWA<5344.T>が軟調。いちよし経済研究所が13日付のリポートで投資判断「B」を継続、フェアバリューを従来の2200円から3200円に引き上げた。
 リポートでは「主力のセラミック部品事業に関しては、パワーモジュール向け回路部品が自動車向け及びLED照明向けに堅調に推移していることに加え、チップ抵抗器向け汎用部品などにも回復の兆しが出ている。限界利益が高いと推測される回路部品を中心にセラミック事業の14年3月期営業利益は40億円(前期比35%増)を予想。15年3月期以降も既存のセラミック部品を中心に堅調な収益拡大を予想。ただし今後の中期成長力を高めるためには、新分野に向けた製品開発とヤマギワの買収効果をどのように発揮していくかが鍵を握る」としている。

MARUWAの株価は10時4分現在3470円(▼120円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)