東京精密は堅調、三菱UFJMS証が投資評価を「ニュートラル」に引き下げ

 東京精密<7729.T>が堅調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が13日付のリポートで投資判断を従来の「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に引き下げたものの、目標株価は1651円から2309円に引き上げた。
 リポートでは「14年3月期業績について会社側は、売上高は前期比6%増の540億円、営業利益は同7%増の80億円を計画。部門別売上高は、半導体製造装置が同10%増の325億円、計測機器が同横ばいの215億円と想定。半導体製造装置部門がスマートフォン、タブレット端末の需要増などを背景に回復感が強まると想定。全体業績は半導体製造装置関連のプラス要因が大きい。計測機器は国内工場で磨きぬかれた高い生産性と、市場では海外商権の拡大、新興国におけるものづくり技術の底上げなどなどを背景に、売上高、営業利益とも増加が中期的に続く」としている。

東京精密の株価は10時41分現在2063円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)