<話題の焦点>=特殊鋼メーカー、自動車向け好調で業績V字回復

 鉄鋼業界のなかでも、特殊鋼メーカーの業績回復に拍車が掛かっている。国内で生産された特殊鋼鋼材の大半は、日系の自動車完成車メーカー、自動車部品会社、建設・産業機械メーカーに供給されており、これらの業界がいずれも好調で増産体制を加速するものとみられているためだ。また今後は最終製品やノック・ダウンセットとなって世界各国への供給も拡大する見通しだ。新興国を中心に世界の自動車、建設・産業機械の需要が増加傾向にあり、特殊鋼需要は国内外で中期的に成長が期待される。

 特殊鋼で世界1位のシェアを占める大同特殊鋼<5471.T>の14年3月期の連結業績は、売上高4530億円(前期比2.9%増)、営業利益185億円(同19.9%増)と大幅増益を見込んでいる。

 日産自動車<7201.T>をはじめ主要納入先の自動車メーカーや、建設機械メーカーの増産が追い風。また、型鍛造製品需要については世界的な環境規制強化を背景にターボチャージャー搭載率上昇が予想されることから、緩やかな回復傾向を見込む。

 山陽特殊鋼<5481.T>の14年3月期の連結業績は、売上高1600億円(15.7%増)、営業利益56億円(同3.7倍)と急回復を予想。足元で軸受鋼の受注は回復基調に入ったと見ている。

 三菱製鋼<5632.T>は、13年3月期通期連結営業利益を26億円から29億円に増額したのに続いて、14年3月期の営業利益を32億円(前期比11.4%増)と想定している。北米ばね事業が黒字転換したことが寄与したほか、為替の円安メリットも反映された。

◆主な特殊鋼メーカーの業績予想と株価

銘柄(コード) 今期予想営業利益  増益率  株価  PER

大同特鋼<5471.T> 18500  19.9   490  19.3
山陽特鋼<5481.T>  5600   3.7倍  489  26.3
愛知鋼<5482.T>   7500   2.3   419  18.2
東北特鋼<5484.OS>  1530   2.5倍  995   7.5
菱製鋼<5632.T>   3200  11.4   203  15.6

※株価は12日終値。単位:100万円、%、円、倍

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)