◎14日前場の主要ヘッドライン

・テレビ東京が反発、「カリメロ」新シリーズ展開に関心
・ザッパラスが年初来安値、連続大幅減益見通しを嫌気
・アライドHDが反発、自社株取得枠設定の変更を好感
・シンプレクスがS高カイ気配、MBO実施を発表でTOB価格にサヤ寄せの動き
・リブセンスが一時S高、6月末株主に対する1対2株の株式分割を好感
・ファーマフーズが反発、鶏卵抗体受託拡大による収益改善を見直す
・ペプドリが連騰し一時S高、買い人気続き公開価格の5.5倍に
・パイプドビッツが反発、参院選挙接近で期待継続
・クルーズが急反発、ソーシャルゲーム関連に見直し買い、好業績期待も
・富士機械が大幅高、東証1部上場を好感

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)