タカタは堅調、三菱UFJMS証が目標株価を2100円に引き上げ

 タカタ<7312.T>が堅調。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が13日付のリポートで投資判断を「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の1800円から2100円に引き上げた。
 リポートでは「14年3月期の連結営業利益は前期比48%増の214億円を予想。従来予想の193億円から修正し会社計画の200億円を上回りIFISコンセンサスの212億円とほぼ同水準と予想。円高修正の恩恵は小さな部類も台数前提を中心に会社計画は慎重と判断。ただ、セクター内で最も売上依存度が高い部類の欧州は主力のドイツの自動車生産などに回復感を見出せない状況」としている。

タカタの株価は12時30分現在2021円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)