JPNHDが続落、第1四半期大幅減益を嫌気

 JPNホールディングス<8718.OS>が続落。13日引け後に発表した第1四半期(2~4月)連結決算で、売上高17億1100万円(前年同期比3.8%減)、経常利益1200万円(同69.1%減)と大幅減益となったことを嫌気。サービサー事業で取引先の債権健全化に伴う業務代行事業、リサーチ事業の受託件数の減少や、保育事業において不採算園の閉園を実施したことが収益を悪化させた。
 なお、14年1月期通期業績予想は売上高71億5000万円(前期比0.7%増)、経常利益1億1000万円(同23.5%減)と従来予想を据え置いている。
 
JPNHDの株価は12時35分現在740円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)