総合商研が反発、第3四半期累計業績2ケタ増収増益を好感

 総合商研<7850.OS>が反発。13日の取引終了後、第3四半期累計(8~4月)連結決算を発表しており、売上高127億9700万円(前年同期比13.3%増)、経常利益4億6600万円(同22.8%増)と2ケタ増収増益となり、13年7月期通期業績予想の売上高150億円(前期比9.1%増)、経常利益2億5000万円(同56.5%増)を経常利益で上回ったことが好感されている。
 年賀状印刷受注の増加に加えて、商業印刷事業で新規営業の強化や既存クライアントの取引拡大の推進を行ったことが奏功した。なお、同社の第4四半期は年賀状印刷事業で固定費のみが発生するため、利益が低下するという季節要因がある。

総合商研の株価は12時52分現在510円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)