ケンコーコムが7日続落、マツキヨなどの大衆薬ネット販売参入で競合激化を懸念

 ケンコーコム<3325.T>が7日続落。朝方は地合い好転もあって反発していたが、次第に値を消す展開となり、午後に入りマイナスに転じてきた。この日はきょう付の日本経済新聞で「マツモトキヨシホールディングスなどドラッグストア大手が、副作用リスクの高い一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売に相次いで参入する」と報じられたことを嫌気。これまで慎重だったドラッグストア大手の薬のネット販売参入で、競合の本格化が予想され、これが嫌気されている。

ケンコーコムの株価は13時1分現在25万2100円(▼2700円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)