オムロンは小動き、野村証は目標株価を4200円に引き上げ

 オムロン<6645.OS>が小動き。野村証券は13日付のリポートで投資判断「バイ」を継続、目標株価を従来の2850円から4200円に引き上げた。
 リポートでは「同社は中期計画で、売上の再成長と売上総利益率の向上、一般経費の抑制、主力事業への先行投資の継続を表明。直近で売上高・売上総利益が増えても販管費の増加で相殺しておらず、経費管理力が改善している。14年3月期営業利益は前期比35%増の610億円を予想。主要部門はIAB(制御機器事業) が同31%増益の385億円で、円安を追い風に売上高が同11%増(国内2%増、海外17%増)と増収へ転じる上、低価格かつ粗利益率が高いGS(グローバル・スタンダード)商品が利益率改善に徐々に寄与する」としている。

オムロンの株価は14時23分現在2877円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)