豊田織が反発、M&Aを含めた投資報道受け事業拡大策を期待

 豊田自動織機<6201.T>が反発。14日付の日本経済新聞が「M&Aを含め、15年度までの3年間で3000億円強を投資する」と報じたことで、積極的な事業拡大策を期待した買いが優勢になった。カーエアコン部品などの海外増産に充てるほか、3月に傘下に収めた米フォークリフト部品大手に続く買収も検討すると伝えている。株価は5月16日に年初来高値4525円を付けてから約21%下落しており、当面の底値到達感が強まっていた。

豊田織機の株価は15時現在3795円(△45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)