今夜の注目材料は?

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円は前日からドル高・円安の流れを受けて早朝には95.820円前後まで上昇しましたが、その後は輸出企業によるドル売りや日経平均株価が上げ幅縮小に動いたことを受けて94.40円台まで失速しました。
その後やや持ち直していますが、戻りは以前弱い状態。この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しながら考えて見ましょう。

6/14(金)
18:00 (ユーロ圏) 5月消費者物価指数・確報
21:30☆(米) 5月生産者物価指数
21:30 (米) 第1四半期経常収支
22:15☆(米) 5月鉱工業生産
22:15 (米) 5月設備稼働率
22:55☆(米) 6月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
※☆は特に注目の材料

☆つきの主要経済イベントは複数あります。
しかし、足元の為替相場にとって一番大事なのは、やはり株価の動きになってくるでしょう。週末前のポジション整理の動きなどもあいまって、欧米市場も値が荒れる可能性は高そうです。取引する場合は徹底したリスク管理が必要になりそうですね。