安値追いならば新たな深押しも

SQ通過でやや落ち着きは出るか
半月で3000円以上の下落となった日経平均に、短期間で売られすぎの兆候はあるにせよ、先物に投機的な動きが強く出ている以上は、依然として警戒感は持ち続けなければならないでしょう。テクニカル的には、一目雲中から出かかった状況から、金曜日には完全に下抜けした状況ですので、さらなる下落にしても、戻り基調になるにしても、雲が大きな調整ポイントとなりそうです。寄り付きから金曜日の安値を下回っての動きとなりそうですので、短期トレードならば、まずは窓を埋めていく動きに注目しておきたいところです。ここからさらに円が買われる展開ですと、木曜日の安値をも割り込む動きも出て来ますので、手法的には流れと逆に建てるのは自重が必要です。