トヨタ、ホンダなど自動車株に売り先行、円高進行が重荷に

 トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>、など自動車株に売りが先行している。為替市場で円高傾向が強まっており、足もとは1ドル=94円台前半の推移となっていることで輸出採算の悪化思惑を背景に売りが優勢だ。トヨタの今期社内設定レートは1ドル=90円でまだ余裕があるものの、ホンダは1ドル=95円で既に想定レートより現状の為替水準は円高となっていることで警戒感が強まっている。

トヨタの株価は9時17分現在5540円(▼50円)
ホンダの株価は9時17分現在3370円(▼75円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)