ガンホーが反発、移動平均線を絡め株価に煮詰まり感

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765.OS>が3日ぶり反発。元来ボラティリティが非常に高い銘柄だが、5月下旬以降の株価は強弱観の対立を背景に5日・25日移動平均線上で収れんする動きをみせており、目先煮詰まり感が出ている。同社株はスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ」の大ヒットを材料に昨年来、大化けの過程を辿ったが、これに続き「ケリ姫スイーツ」と「ケリ姫クエスト」のシリーズ累計が600万ダウンロードに達したことを前週発表しており、新たなヒットアプリの存在が株価の下支え材料となっている。また、6月末の株主を対象に1株を10株にする株式分割を実施することで、押し目形成場面では、この権利取りを狙う買いも断続的に流入しているもようだ。

ガンホーの株価は10時36分現在125万8000円円(△5万6000円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)