<動意株・17日>(前引け)=プリマ、JT、メガネスーパー

 プリマハム<2281.T>=急上昇。ここ最近の為替の円高による輸入コスト改善が期待されるほか、日本のTPP交渉参加で将来的に食肉原料の関税引き下げによる原料安メリットへの思惑が支援材料。また、同社17日に、7月から順次ハム・ソーセージ、加工食品の市販用および業務用商品を値上げすると発表した。商品規格の変更もしくは価格の引き上げにより、国内生産品は平均約7%、輸入加工品は平均約13%値上げする。

 JT<2914.T>=大幅高。全般相場が不安定さを増すなか、好業績のディフェンシブ銘柄として見直し買いが流入。14日に発表された5月の国内たばこ販売数量は102億本と前年同月比で0.4%増加した。5月単月シェアも60.6%と前年同月の59.3%から拡大している。特に、主力商品の「MEVIUS」の販売は順調なようだ。シティグループ証券は14日、同社株の投資判断は「買い」としてターゲットプライスは4700円に置いている。

 メガネスーパー<3318.OS>=ストップ高カイ気配。前週末14日発表の本決算で13年4月期は売上高159億6900万円(前の期比16.7%減)、営業損益16億700万円の赤字(前の期12億8900万円の赤字)、純損益22億9200万円の赤字(同19億7800万円の赤字)と大幅赤字となったものの、14年4月期は売上高180億円(前期比12.7%増)、営業損益9億円の黒字、純損益7億円の黒字にそれぞれ黒字転換する見通しであることが好感されている。 

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)