住友販売は軟調、SMBC日興証は目標株価を4900円に引き上げ

 住友不動産販売<8870.T>が軟調。SMBC日興証券は14日付のリポートで投資判断「2」を維持、目標株価を従来の4100円から4900円に引き上げた。
 リポートでは「14年3月期の営業利益140億円とし、会社計画136億円を超過達成するとの従来予想を据え置く。前期比では、仲介業務の伸長や不動産販売業務の黒字回復などで20億円の営業増益を確保する見通し。仲介業務では、不動産市況の好転やリテール営業人員の増加を背景に取扱件数は3万5100件(5.8%増)と前期に続き過去最高件数を更新することや、ホールセール仲介の大型取引回復により取扱単価が前期の落ち込みから一定程度回復することで増益を見込む。前期に課題となった高額帯物件の取引回復については今後の業績改善要因としてその動向を注視していきたい」としている。

住友販売の株価は12時44分現在5020円(▼60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)