<後場の注目銘柄>=日化薬、バイオシミラーに期待

 日本化薬<4272.T>は、国内初の抗体医薬のバイオシミラーとなるレミケードを手掛けており、現在フェーズ2が進行中だ。14年3月期中に承認申請し、15年3月期中に製造販売承認を取得する計画。さらに、16年3月期には抗体医薬のバイオシミラーの売上寄与(3製品合計の売上は16年3月期に約100億円を予想)が期待される。

 14年3月期の連結業績を売上高1620億円、営業利益195億円としている。前期が10カ月間の変則決算のため、前期との比較は未公表。

 株価は、年初来高値の1455円(5月7日)から大幅調整し、1000円台固めの状態。過去の経緯から見て下値不安は限定的で反発のタイミングが近そうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)