参天製薬が反発、ブルーライト対応目薬の販売接近で注目高まる

 参天製薬<4536.OS>が反発。ブルーライトなどの光ダメージに着目した一般用点眼薬「サンテPC」の7月8日発売日が接近、再び注目が高まっている。「サンテPC」はブルーライトなどによる目の不快感を解消するため、目のピント調節機能を改善するビタミンB12や角膜を保護するコンドロイチンなどを配合している。ブルーライト対策では眼鏡チェーンで販売されている対応メガネが人気を集めていることから、ブルーライト対応目薬の販売増が期待されている。

参天製薬の株価は14時5分現在4445円(△195円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)