インスペックがS安、14年4月期業績予想改善も四季報予想下回る

 インスペック<6656.T>がストップ安。前週末14日発表の本決算で、13年4月期業績が売上高4億6900万円(前の期比14.3%減)、営業損益2億7500万円の赤字(前の期1億6500万円の赤字)と従来予想の営業損益2億5500万円を下回って赤字幅が拡大したことを嫌気。主力製品の半導体関連検査装置が上期を中心に伸び悩み、下期に挽回できなかったことが要因。また、14年4月期は売上高10億円(前期比2.1倍)、営業損益3000万円の黒字と業績改善を見込むが、四季報予想の営業利益5000万円を下回っており、これもネガティブ材料視されているようだ。

インスペックの株価は14時24分現在4万2000円(▼7万円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)