新興市場(大引け)=ジャスダック平均は続伸、マザーズ指数も反発

 17日大引けの新興市場は日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数も反発となった。
 日経ジャスダック平均は先週末比11円97銭高の1816円07銭。
 メガネスーパー、RSC、クルーズ、PSS、カッシーナ、ゲートウェイ、コスモバイオがストップ高、ラクオリアが反発となり、DACなども値を飛ばした。半面、インデックスがストップ安、ワールドロジが急落となり、ドーン、GFA、横田製作所なども値を崩している。
 東証マザーズ指数は先週末比1.24ポイント高の743.74。
 テラプロープ、メディネットがストップ高、エストラスト、ソフトマックス、ビューティ花壇なども値を飛ばしている。半面、クロスマーケが3日続落、インスペックも続落となり、ペプドリ、エニグモ、UMNファーマなども値を崩している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)