本日13000円台回復。13000~13500円のもみあいのあと14000円の動きとなるのかどうか

今週は、バーナンキ議長の記者会見に注目
 先週は、10日(月)の時点で、前週末のアメリカの雇用統計を好感して海外株式が大幅上昇し為替も98円台の円安進行となったこともあり、△636の13514円と今年最大の上げ幅となりました。そのため、7日(金)の安値12548円が底打ちの可能性があり、目先13500円を試す動きを期待できるとしましたが、14日(金)にメジャーSQを控えており、日経先物による下ブレの可能性があるともしました。
 結局、11日(火)に日銀の追加の金融緩和が見送られたのをきっかけに3日連続安となり、13日(木)には海外株安や円高、それにメジャーSQの清算に絡んだ売り仕掛けで▼843の12445円と今年2番目の下げ幅となりました。週末の14日(金)は△241の12686円と反発したものの戻りは弱く、4週連続の下落となっています。
 今週は、為替が落ち着けば12500~13000円のもみあいのあと13000~13500円のボックスに移っていく可能性が高いといえます。為替の動きを左右するのは18~19日のFOMCとバーナンキ議長の会見内容にかかっていますので、アメリカの状況をみながらの様子見ムードが強いかもしれません。ただし、下値固めから反発のタイミングを狙う局面に入っているといえます。
 今週は12500~13000円でのもみあいを想定していましたが、週明けの17日(月)は寄り付き後▼136の12549円まで下げたあと大きく切り返し、△346の13033円と13000円台を回復しました。13014円を上回って引けましたので、チャート上はここから下げても押し目買いの形となります。13500円水準は目先上値のフシになっていますので、13000~13500円のもみあいのあと上放れで14000円を目指す形となります。ただし、そのスピードは為替の動きに関連しますので、FOMCやバーナンキ議長の会見が注目となります。