◎欧米外為市場サマリー

 17日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=94円48~49銭と前週末に比べ20銭強の円安・ドル高。対ユーロでは、1ユーロ=126円30~34銭と同50銭強の円安・ユーロ高だった。 
 この日発表された米・6月NY連銀製造業景気指数と米・6月NAHB住宅市場指数は市場予想を上回り、ドルは対円で一時95円21銭まで上昇する場面があった。英フィナンシャルタイムズは「バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は米連邦公開市場委員会(FOMC)後の会見で量的緩和の縮小時期が近づいていると示唆する可能性がある」と報道した。ただ、依然様子姿勢は強く、その後は94円台中盤で取引された。ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3365~66ドルと同0.0021ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)