丸紅が締まる、ミャンマー大型水力発電所改修事業受注報道を好感

 丸紅<8002.T>が締まってきた。18日付の日本経済新聞が「ミャンマーで大型水力発電所の変電設備などの改修事業を受注した」と報じたことが好感されている。ダムから水を落とす特殊パイプの補修・交換などを含め初の大規模改修で、受注額は約12億円と伝えている。先月22日に付けた年初来高値872円から13日の安値648円まで25%を超える下落になったことで、当面の底入れ感が強まっており、押し目買いが先行している。

丸紅の株価は9時29分現在674円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)