あさひ反落、第1四半期好決算も材料出尽くし感強まる

 あさひ<3333.T>が反落。17日の取引終了後に発表した第1四半期(2月21~5月20日)決算で、売上高135億1300万円(前年同期比17.0%増)、経常利益20億3700万円(同4.4%増)と増収増益を果たしたが、前日には好決算を先回りする動きから上昇しており、材料出尽くしからこの日は利益確定売りが先行している。
 今年3月よりテレビCMに人気女優の堀北真希さんを起用し店舗での販促と連動させた商品訴求を行った結果、既存店の客数・売上高がともに増加した。また、インターネットと実店舗を融合させたシステムを導入した効果もあり、増収増益を果たした。なお、14年2月期通期の業績予想は売上高439億2100万円(前期比17.1%増)、経常利益46億4600万円(同13.2%増)の従来予想を据え置いている。

あさひの株価は9時42分現在1405円(▼49円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)